読まれる記事を書くための最低条件

以前の記事で、読者の悩みを解決できる有益な情報発信をしなければアフィリエイトで稼げないことを伝えました。

【参照記事】
読者の求める情報を探しましょう

読者があなたの記事を読んで、役に立った、面白かった、と思っていただければ、その後ブログを定期購読してもらうことは難しくありません。
読者がファンになるぐらい信用していれば商品だって買っていただけるでしょう。
逆に読者に不信感を持たれたら一発アウトです。(あなたも嫌いな人にお金を支払おうとは思いませんよね?)
アフィリエイトもビジネスなので、その辺りはシビアだということ。

では読者に信用していただけるぐらい有益な記事はどうしたら書けるのでしょうか?

答えは文章の見直しをすることです。
何度も文章を見直して、修正を加えていくことが一番大事だと僕は考えています。

僕は自宅での作業が好きなので、1年以上ブログを運営していて、これまで記事をいくつも更新してきました。
大学の論文やレポートの課題は毎回A以上の評価をもらっていました。
毎日文章を書く仕事に携わったこともあります。
そんな僕ですら、未だに記事を一筆書き出来たことはありません。
記事がおおよそ出来上がったら、心を鬼にして修正を繰り返しています。

おかしな文脈はないか?
もっと分かりやすい言い回しはないのか?
少しでも読み手の負担を減らせないか?
面白い事例やストーリーは書き足せないのか?

文章を見直していたらキリがなくなり、夕方ごろに書き始めた記事を夜寝る前まで修正していることもしばしばあります。
最初は面倒に感じていた作業でした。
面倒に感じていましたが、文章を見直ししているうちにみるみる美しくなっていくので、今は夢中で楽しんでいます。

テクニックや知識も大事ですが、読者に一目置かれる記事を書きたいなら、まず文章見直しの徹底をお勧めします。
見直していない記事は読者にも見破られるのでサボらないでくださいね?