ブログタイトルで重要なのはユニーク性

夏がやってきましたが、暑すぎて外に出たくありません。
まあ、僕の場合、暑くなくても家にこもっていますが・・・。

こんな暑いときはアイスを食べたくなるので、最近は足しげくコンビニへ買いに行きます。
僕は無類の甘党なので、毎日食べても飽きません。
この記事を書き終えたら、今日もコンビニへ向かおうと思います。(笑)

アイスってユニークな商品名が多いですよね。
アイスの実、ホームランバー、モナ王、雪見大福、スイカバー、ガリガリ君。
一度聞いたら忘れません。
名前を思い出すだけで食べたくなるので、キャッチーなタイトルはビジネスにおいて意外と重要だったりします。

では最適なブログタイトルとはどんなものでしょうか?

ブログを運営すると必ずブログタイトルを決めなければなりません。
できるだけユニークなタイトルを考えてみましょう。
とはいえ、ブログタイトルに正解はなく、あまりにふざけたタイトルでない限り、どんなものにしても問題ありません。

大事なのは、胡散臭さと広告臭さを消すことですね。

アフィリエイトをテーマにしているブログの中には「アフィリエイトで◯◯円稼いだサラリーマンのブログ」という感じの露骨なタイトルもよく見かけますが、まずこれはやめましょう。
テーマに絡めた露骨なタイトルにすると、むしろ胡散臭いブログに見られます。

また検索エンジンからアクセスを集めるために、重要なキーワードをブログタイトルに絡めるというノウハウもあります。
例えば以下のようなものですね。

『サラリーマンが稼ぐアフィリエイト実践記』
『アフィリエイトに挑戦する学生のブログ』
『主婦でも出来るアフィリエイトでお小遣い稼ぎ』

これらタイトルは『アフィリエイト』『稼ぐ』などの重要キーワードを含めて検索エンジンにヒットされやすくする狙いがあります。
確かに、キーワードはアクセスアップで重要だと思います。
・・・しかし、これも気にしないでください。

長期的に稼ぐブログで重要なのは、ブログタイトルよりも記事タイトルです。

実際、大きなブログが検索エンジンにヒットするときは、ブログタイトルよりも記事タイトルによるものが大半です。
いくらブログタイトルにキーワードを含めてもアクセスアップは狙えません。
検索エンジンを意識しすぎて、不自然で胡散臭いタイトルになるなら、僕のブログ(ぐうたらのまにまに)のようにユニークなタイトルの方が好感を持たれます。

僕にメッセージをくれる読者の中には、ブログタイトルに惹かれたと言ってくれる方も数名いました。
テンプレのようなタイトルを使うより、ユニーク性や親しみやすさを重視したタイトルにした方が読者の興味を惹きつけるし、それが結果的に集客へと繋がるのです。

あとブログではありませんが、お菓子で例えると、『きのこの山』『たけのこの里』などはタイトルとして満点だと思います。
覚えやすいしキャッチーですよね。
あのお菓子が売れた要因として、名前のインパクトも一役買っているはずです。

ただ初めはブログのコンセプトも固まっていないと思うので、タイトルを確定するのも難しいと思います。
ブログタイトルは何度でも変更できるので、最初は仮名を付けておいて、徐々に理想のタイトルへと近づければいいでしょう。

ブログは毎日訪問してもらうメディアです。
読者が親しみを持ってくれそうなタイトルを付けられれば最高ですね。