プロフィール

YOSX9805_TP_V

button_002




こんにちは。
20代でフリーランスの道を選んだオリーブと申します。
趣味はゲームや読書のインドアな人間です。

現在はブログやメルマガを使ってアフィリエイトと呼ばれる、
なんとも怪しい手法で稼いでいます。
まあフタを開けてみれば何の変哲もない、ただの広告業なのですが。

将来は住み心地のいい田舎に移り住んで、
好きなだけオンラインゲームでもしながらのんびり暮らすことが目標です。

人気ブログランキングでは184人中1位に選ばれたこともあります。
2015-10-06_210539


僕の家族は父親が離婚でいなくなり、
母親が一人と、兄が二人、そして姉が一人います。

それから実家には犬を一匹飼っています。
IMG_0007.JPG



ゲームで人生が過ぎ去りました


まだ僕が3歳ぐらいだった頃は
よく姉とストリートファイターという格闘ゲームで遊んでいました。
初めは両者ひょうひょうと対戦するのですが、
僕が昇竜拳をヒットさせ続けると、
姉はブチ切れて僕のアゴに昇竜拳を食らわしてきました。

なぜ勝負に勝った僕がやられているのか……

僕はゲーム全般好きなのですが、
格闘ゲームだけ苦手意識があるのはそのトラウマが原因だと思っています。



高校ではオンラインゲームにどっぷりとハマりました。
自分で作ったキャラを育てて、
他者とパーティを組んでダンジョンを攻略するのが楽しすぎました。

一時期はゲームの魅力に負けて
学校に行くことを拒否していたこともあります。

遅刻回数はゆうに100回を越えていました。
通知表を渡される日、僕は担任の教師に呼び出されてしまいました。
「クラスでこんなに遅刻してるのお前だけだぞ」
教師は物珍しい虫けらを見るような顔で言いました。

社会で腐っていく人間の典型的なパターンですね……

ゲームに時間を使いすぎて、
高校のうちに友だちと呼べる友だちはほとんどいませんでした。




将来の希望の全てを沈められた労働


大学に入学して一年ほど経過した頃、
通学費ぐらいは払わねばと思ってアルバイトを始めました。

人生で初めて経験した労働でした。


僕が挑戦したのはデパートの中にある小さな定食屋でした。
初めてのバイトに緊張しながらも、
新しい世界に僕の胸はときめいていました。

しかし実際の仕事内容は過酷でした。

社員から飛びかかってくる理不尽な命令に耐える日々。
何百枚もの皿を洗浄機に出し入れして、
滝のように汗が出る蒸し暑い厨房でトンカツを何時間も揚げ続けていました。

当時、労働は将来に必要なことなのだと思い込んでいましたが、
そんな価値観はものの見事に崩れてしまいました。


そこで働いていた社員たちは
人生を会社のルーチンワークに捧げていて何の楽しみも得られないまま、
疲れた疲れたと言いながら日々を消化していました。
僕は厨房で後片付けをしながら、彼らの疲れきった表情を間近で見ているうちに
将来、就職する現実が受け止められなくなっていきました。

次第に会社の下で働くということに猛烈な恐怖を抱いてきたのです。

趣味も娯楽も時間も不自由となっている彼らにとって、
仕事だけが人生の全てと化していました。


来る日も来る日も変化のない単純作業に汗水を流し、
時には上司にペコペコと頭を下げながら人間としての誇りも脱ぎ捨て、
いったい彼らは何のために生きているのかと不思議でした。

僕もいつかはそんな日々を送ることになるのかと想像しただけで、
不安と息苦しさを感じました

その現実から逃げ出したくなる思いが胸にこみ上がります。

労働、それは僕の中で人生を壊す所業へと変わっていきました。


しかしお金がなければ生活がままなりません。

母親にも将来の就職のことは随分心配をかけていました。
家事と仕事を両立しながら大学まで通わせてくれた母親の期待を裏切って、
「就職したくない」などと軽はずみなことは言えず、
僕は自分の進路について、どうしていいのか分からずに立ち止まってしまいました。

僕にとって、会社に雇われ白髪になるまで働くなんてことは
ほとんど自殺のようなものだったのです。

母親を悲しませたくない気持ちがありましたが、
就職活動という地獄行きの列車に乗り込むような行為もできず、
ネットビジネスを始める以前は進路に苦悩していました。

大学を卒業する日は刻一刻と迫ってきていましたが、
仕事と生活の奴隷となる将来しか切り開けず、僕は常に絕望の縁に立たされていました。




頑張らなくても人生は楽しい


「出勤を気にせず昼までたっぷりと布団で過ごす」
「平日、帰りの切符を買わずに旅行へ行く」
「親友や恋人、家族など大切な人と存分に楽しい時間を共有する」

そんな状況が僕の理想でした。

しかし、周りを見渡しても毎日忙しそうにしている社会人が多く、
虚しい現実にも抵抗できないまま、僕の大学生活は刻一刻と過ぎていきました。



ある日、ネットサーフィンをしていると、
アフィリエイトという手法で稼いでいる人たちのことを知りました。
正直、最初は胡散臭く感じてしまいました。

勉強も頭脳も並みの僕が本当に稼げるのかも不安でたまりませんでした。

しかし僕は元々働くことに絶望していたこともあり、
アフィリエイトで自由を目指したい気持ちを抑えられませんでした。


最初は恐る恐るブログを立ち上げました。
わからないことがあれば1万円以上の教材を購入してでも、
成功の糸口を見出しました。

そうして闇雲に突っ走りながら作業を進めていると、
いつの間にかみるみると報酬が発生するようになっていきました。

ぐうたらしていても許されるライフスタイル。

まさに僕の理想でした。



個人でもパソコン1台で商売ができることに違和感を拭いきれませんでしたが、
雇われて働く以外の選択肢が見つかったことで、
僕の中にあった価値観はガラガラと音を立てて崩壊しました。

同時にアフィリエイトで人生の活路が開けると思いました。

自力で稼げることを知った僕は有頂天となり、
その後もアフィリエイトで稼ぐことに夢中になっていきました。
現在は培ってきたノウハウを元に
自由を目指すアフィリエイターの育成に注力しています。


僕が提供したいのは単なるお小遣い稼ぎの方法ではありません。

お金や時間がたっぷりと使えて、
仕事に縛られることもなく自由気ままに人生を楽しむことが出来る、
そんな暮らしを手に入れる方法を発信していきます。

ブログだけではなく、メルマガでも情報発信をしています。

もちろん登録は無料です。

今だけ豪華なプレゼントもご用意しているので、
会社に雇われない自由な生き方に興味があれば登録してみてください。

メールアドレス
※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。