YOSX9805_TP_V

button_002



ゲームを楽しむ時間は限られている

先日からスプラトゥーン2やフォートナイトなど、話題のゲームにすっかり浸かっています。
楽しすぎてやめられない。

特にフォートナイトは最近のお気に入りです。



これはシューティングアクション好きにはたまらないゲームですね。
ダウンロードも無料だし、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで遊べて機器を選ばないので、ひっきりなしに参入者が出てきています。

このゲームのルールは単純明快。
マッチングした100人が同じフィールドに飛び込み、最後の一人まで生き残ったひとが勝者になるというもの。
まあ、これだけ聞くと、よくあるサバイバル形式の対人ゲームなのですが……
このゲームには「クラフト」という独自要素があり、撃ち合いの中、壁や階段を作って戦う戦略性の高さが評価されています。

めちゃくちゃ面白いので、あなたもぜひ遊んでみてください。




ただしアクションゲームなので、自由に操作できるようになるまでは多少の慣れが必要です。
相手は人なので容赦もなく、初めは苦戦必至ですね。
まあ、僕はあたふた遊ぶ段階すらも楽しいんですけど。笑



このゲーム、上手い人が多いので、生き残るには、ある程度の練習量が必要になってきます。
操作に慣れて、やっとスタートラインに立てるレベルでしょう。
勝ち負けにこだわらないならいいのですが、どうせやるんだったら勝ってみたいというひとが大半だと思うので、ぜひ勝利目指して頑張ってほしいところ。
ちなみに僕はヘタクソで全く勝てていません。

もう撃ち負けた時が本当に悔しくてやめられないんですよね。


まあ最後の一人まで生き残れなくても、試合中に倒せるようにはなってきているので、上達の兆しは見えてきています。
うーん、なんとか最後まで生き残りたい!

練習できない時間が惜しいです。



こういう激しいアクションゲームって、若い時しか楽しめませんよね。
反射神経やら動体視力やらがどうしても要求されますから。
70過ぎた年寄りになってから遊んでも、存分に楽しめないことは目に見えています。
ここらへんはスポーツと似ているものがあります。
実際、いまのゲームは競技性が高く、エレクトロニック・スポーツ(通称:Eスポーツ)と呼ばれているものもあるぐらいです。


いま日本でもEスポーツの大会で活躍されているプロゲーマー達がいますが、彼らの寿命は恐ろしく短いのだとか。
早い人は20代後半で引退しちゃうみたいです。

プロ野球選手より短いやんけ……

まあ、たかがゲームでも若さと身体能力が重要ということですな。
僕が楽しくフォートナイトで遊んでいられるのも、まだ20代だからかもしれません。
いくつになってもゲームはしていたいのですが。




ゲームって僕にとっては、この上ない遊びなんですが、上述のように若うちしか楽しめない事実は受け入れなければなりません。
本当にゲームを楽しめるのは生きているうちのわずか数年なのでしょう。
しかも大半のひとはその数年を会社で仕事のために過ごしているんですから、もったいない話です。
本人がバリバリ仕事をしたいんなら別にいいんですが。

僕はそういう生活、お断りしたいですね。

別に働くことが生きがいに感じませんし、白髪になるまで頑張ったところで時間は戻ってきません。
さっさと自由な生活を手に入れてゲームで遊ぶのが僕の理想です。
今後もフォートナイトだけでなくほかのゲームもうまくなりたいですし。
ぶっちゃけ働いている暇なんてありません。

僕は今後も自由にぐうたらできる環境を手に入れるため精進したいと思います。笑
早くフォートナイトで勝てるようになりたいなあ。

将来就職せずに、ぐうたら生きる?

平日に家でゲーム三昧、好きなときに寝て起きて、
退屈しのぎに田舎の静かな温泉へ。
会社に雇われることなく、自由気ままな毎日を堪能する。

お金や時間、場所にも束縛されず、
就職とは無縁でストレスフリーな20代たちの新しい生き方とは…

「ぐぅまにゅある」ではネットで自由自在にお金を増やしながら、
会社に雇われずに生きていく方法を解説しています。
社畜の将来に恐れているなら、突破口を開いてみませんか?
無料なので、よければ受け取ってみてください。

メールアドレス

※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。
※ご登録いただいたメールアドレスには作者のメールマガジンが届きます。役立つ情報や追加プレゼントを配布する予定なので、主にお使いのメールアドレスをご入力ください。不要の場合、配信解除はいつでも可能です。

2018-05-02 | Posted in 信念、理念Comments Closed 

関連記事

フェイスブックから当ブログの更新情報をいち早くお届けします。
定期購読される場合は「いいね!」をお願いします