面白い記事を書くときに必須なもの

ブログ・メルマガを更新していると、
役に立つ記事はもちろんですが面白さも重視しなければなりません。

だれも教科書のような記事は読む気が起きませんからね。



アフィリエイターは役に立つ記事だけ
書いていればいと思っているひとも多いですが、
それだけでは不十分です。

役に立つ要素と同じぐらい、面白さも欲しいところです。

情報ってネットに溢れかえっていると思うのですが、
例えばウィキペディアや広辞苑って役立つ要素が満載のはずなのに、
そこに熱烈なファンが増えていかないのは、
読んでいて面白いと思えないのが大きな要因だったりします。

興味を持ってもらえても面白い記事が書けなければ、
固定読者を増やすのは難しいですね。




僕は常に面白い記事を書くために
何が必要なのかを常に試行錯誤しています。
もちろん、教材から学ぶこともあります。


まあ、記事を面白くするテクニックってたくさんあるのですが、
そのなかでも大事になってくるのが事例です。

面白い事例は面白い記事を生んでくれます。



ひとつでも面白い事例や体験談を手に入れたら、
それを記事のなかに織り交ぜることによって読み応えがでるので、
最後まで楽しく読まれる可能性があがりますし、
読者があなたの記事を楽しめば楽しむほど、
次の記事も早く読みたいと思ってもらえるファンに変わります。

僕のネタがほとんど尽きないのは、
常に面白い記事や体験談が無いのかを探っているからです。


以前に書いたこちらの記事もそうですね。

参考記事「兄が交通事故で骨折しました」
http://aff11.com/6650.html





アフィリエイトの素晴らしさを伝えるためには面白い事例だったので、
記事のなかに織り交ぜてみました。

この記事を書いているときは僕も楽しかったですね。

不謹慎かもしれませんが。



実際、上記の記事は多くの人が反応してくれましたし、
兄が骨折した身近な事例を公開することで、
僕に人間味を感じてくれたり親近感を抱いたりした読者も、
一定数いたんじゃないかと思います。

野次馬根性というかなんというか、
ちょっと興味も湧きますよね、ひとの不幸って。

……僕だけ?





毎回ここまで面白い事例を取り上げるのは難しいですが、
あなたが実践した成功例や失敗例をリアリティたっぷりに書けば、
役立つ内容に面白さが加わりますし、
記事のなかで伝えたい主張に説得力がでるので、
面白い事例や体験談を見つけたら、
すかさずメモしておくほうがいいでしょう。

僕は日常のなかから事例を見つけることもあれば、
他者のブログやメルマガから引っ張ってくることもあります。

日頃からニュースを読んでいれば、
あなたが情報発信しているテーマの事例が見つかるかもしれません。
ニュースは便利なので、たまに僕もお世話になります。



ブログ・メルマガでは記事の面白さは生命線です。

どんなに役立つ情報を発信していても、
面白さがないと読まれないので、
事例や体験談は積極的に使うようにしてみてください。

初心者コンテンツ
2016-09-29 | Posted in セールス・ライティングComments Closed 

関連記事