兄が交通事故で骨折しました

先日、兄がバイクで衝突事故を起こしたようです。
幸いなことに命に別状はないようですが、
肋骨が2~3本ぐらい折れてしまったらしく痛みも激しいそうな。

いまは入院生活を送っています。



まったく、人生なにが起こるかわかったものではありませんね。

今回の兄のようなトラブルに襲われてしまうと、
もはや仕事どころではなくなります。

病院で寝たきりになってしまったら、
会社務めもできなければ、肉体労働もままなりません。
サラリーマンは身体が資本とはよく言いますが、
その身体が突然動かせなくなる状況なんて、いくらでも陥ります。

身体に収入を委ねるのはあまりにもリスキー。


僕の兄は軽い骨折で済みましたが、
交通事故の怪我は全身麻痺で動けなくなる重症もあり得るでしょう。

そうすると待っているのは当然リストラです。

会社にとって身体が動かせない社員なんてものは
ミルクを出せなくなった牛と同義です。
わざわざ税金を負担してあげてまで飼いならしておく必要はありません。

給料なんて枯れ葉のように吹っ飛ぶということですね。


大手企業や公務員に就職しただけで、「一生安泰だー!」と
バンザイする人を見たら鼻で笑っちゃいます。





会社に出向き、肉体を酷使して、
給料にしがみついているだけでは収入の柱は増えていかず、
もしあなたが動けなくなると、
口座に振り込まれるお金は途絶えてしまいます。

収入源が簡単に消えるなんて、現代社会でもっとも恐ろしい事態ですね。



……しかし。

別の収入の柱を作っておけば、
たとえ会社に出勤できなくても金銭状況に悩まされません。

あなたが病気になってしまったとしても、
全身骨折してしまって全治に1年かかったとしても、
会社勤め以外の方法で稼げていれば、
突然のトラブルに襲われてもあなたの人生を守ることができます。





僕はアフィリエイトという収入の柱を作っていますが、
こちらを選んで本当に良かったなーと思います。

パソコン一台あれば入院しようと稼げますし、
アフィリエイトの場合、集客から販売までの過程を自動化できるので、
全身が動かなくなっても心配ありません。

まあ、全身動かなくなったらお金稼ぐ意味もあんまりなくなりますけどね。


兄のようにバイクで事故を起こそうと、
手と脳みそが働けば月に数十万円の報酬を頂くことは容易です。




ちなみに日本での交通事故は1日平均2000件ほどらしいですね。
自動車が絶えず走り回っている国ですから、
それぐらいの件数を突破してしまうのも無理ありません。

日本に住んでいる限り、不慮の事故合う可能性は高いでしょう。


そんな中で身体を資本にして、
人生を全て捧げているサラリーマンはどれだけリスクを背負っているのか……。

肉体を生命線にし過ぎです。

僕はちょっと遠慮したいギャンブルですね。



「自分はそれでもサラリーマンがやりたいんだ!」
「自動車に吹っ飛ばされるリスクなんかどうだっていいんだ!」
「人間は身体を酷使しないとダメなんだ!」
という情熱を持っていれば頑張ればいいと思いますが、
まあ、命だけは落とさないように。

そういう信念を掲げるひとって、命がけなんだろうなあ……。

アフィリエイターとして稼げたら事故が起きてもなんとかなるので、
やっぱり僕としてはそちらの道をオススメします

初心者コンテンツ
2016-09-15 | Posted in 実体験からの学びComments Closed 

関連記事