YOSX9805_TP_V

button_002



僕がはじめしゃちょーを好きな理由

いつからかユーチューバーの動画を見るのが日課になりました。

最初は個人が作った動画なんて、
たかが知れているだろうと思っていたのですが…

お、面白い、なんだこれ。

企画力とセンスの高さに驚いてしまいました。


いま僕は数人のユーチューバーをファンとして応援しています。

特にはじめしゃちょーの動画は
高度な編集をしているわけじゃないのに面白く仕上がっていて、
ついつい時間を忘れて見入ってしまいます。

質問コーナーはいつもお腹かかえて笑ってしまうほど。



チャンネル登録者数がYouTubeトップを独走していて、
その動画の面白さは衰えを見せません。
まあ、以前トップだったヒカキンさんのチャンネル登録者数を追い越しちゃうのも、
彼の動画のクオリティなら無理ないでしょう。

ちなみにその平均再生回数は100万を軽く突破しています。


うーん、100万人以上が見ている動画って、
ほとんどテレビじゃん。



個人が作る動画クオリティとは言っても、
実際、企業は彼に商品紹介を依頼して、
宣伝の動画を作ってもらい報酬を支払うこともあるわけですから、
はじめしゃちょーはプロとして遜色ありませんね。

一人の人間がこれだけのメディアを持てるようになったのも、
新時代の文化を象徴しているようで面白いです。

YouTubeがなくならない限り、僕も彼を応援するでしょう。




で、もちろん動画が面白いというのも、
僕が彼のことを好きになった理由のひとつなのですが、
ファンになったきっかけはそれ以外にもあります。

それははじめしゃちょーがポツリとつぶやいた一言。

「人生一度きりだから好きな道に進む」

腹の底から感動した言葉でした。
いまの自分の夢を肯定されているようで。


僕は会社に雇われず、
自由に生きていく力を身につけることを目指していますが、
それは一度きりの人生を無駄にしたくないからです。

周囲の人間は
「会社に勤めて給料を貰うのが人としてまっとうな生き方だ」
と口を揃えて言っていましたが、
そもそも僕は会社や福祉のために生まれてきたわけではありませんし、
それが自分の満足する生き方とは思えませんでした。


好きなときに好きなだけ、趣味や娯楽を楽しめる自由な生き方。

それが僕の望む人生です。

自由な人生が手に入れられるのであれば、
一時的に心身を労する時期や努力だろうが受け入れます。



もちろん、会社に勤めることが楽しいひともいるでしょう。

僕はそういった生き方をしたければしたらいいと思ってますし、
好みの問題なので口を挟む気なんてサラサラありません。


しかし、もっと自由な生き方をしたいのに、
思いを噛み殺して就職し、
無闇なルーチンワークで日々を消化する人たちを見ていると、
何のために生きてるんだろうとさえ思います。




そもそも心のどこかで、その気持ちに素直になれない人も多いです。

「自分の夢は諦めるべきなんじゃないか」
「自分には才能やセンスがないから無理なんじゃないか」
「生き方を決めるのは贅沢なことなんじゃないか」
「毎日、苦労して仕事に人生を捧げないと生きていけないんじゃないか」

と、なぜか好きな道に進めない理由ばかり探して、
ちっとも模索しようとしない人が大勢いるような気がします。



もっとみんな素直になろうよ…


朝の出勤時間に縛られたくないなら在宅仕事にすればいいですし、
会社勤めが嫌いなら他の方法で稼げばいいですし、
自由な暮らしをしたいなら時間とお金を効率よく増やせばいいと思いませんか?
それで迷惑がかかる人なんていないのですから。

たとえ誰か一人が社会の歯車からこぼれたとして、
潰れたり、経営がままならなくなったりする会社はありません。

というよりそんな不安定な会社は
いくら人が集まったって潰れていくと思いますが…


まあ、今はロボット工学も進んでいるみたいなので
労働に人間が加入する必要もないわけです。
機械がやるなら、人間様はサボったっていいじゃないですか。

自由に生きれますよ、普通に。




確かに、以前の日本ではそんな大口を叩けませんでした。

自分の進みたい道なんて二の次。
手段も限られていましたし、
焼け野原だった戦後の日本であれば、それどころではなかったと思います。
胃袋を満たすことが何より大事な頃もあったでしょう。


しかし、現代は飢える日本人は絶対的に少ないですし、
人生を変える手段もあふれています。
インターネットの発達によって、はじめしゃちょーのように個人が影響力を持ち、
全国の人を相手にビジネスを展開できるなど、
組織や資産を持たない人が大きく飛躍することができます。

百姓や城持ちがふんぞり返る時代は終わりました。

発達した社会でやれることが増えているのなら、
好きな道に進み、自由に生きていく手段を使えばいいのではないでしょうか?

まあ、時には損切りや諦めも重要ですけどね。

例えば、いま僕がウサインボルトより早く走ろうとしてもたぶん無理です。
でも、会社に雇われず自由に生きる、
ぐらいの目的なら努力次第でなんとかなります。



はじめしゃちょーの言うとおり人生は一度きり。

…それならいっそ、就職せずに自由に生きたいというのが僕の答えです。

社会の風潮やら暗黙のルールに縛られず、
僕らは自由に好きな道を突っ走っていればいいのですよ。



PS.

ちなみに僕はユーチューバーを推奨しているわけではないです。

Youtubeに依存するとGoogleのご機嫌一つで、
あなたの収入が一晩で吹っ飛んでしまう危険性もあります。

以前はシバターさんという方が
大事に育てたアカウントを削除されたようですね。

いまは復旧しているようですが、
そんなリスクと関わっていたらいつまでたっても自由はやってきません。
10年先にまだYoutubeが動いているかもわかりませんし。


…じゃあ、どうすればいいのか。


答えは僕がプレゼントしている教材、
「ぐぅまにゅある」で公開しているので参考にしてみてください。

将来就職せずに、ぐうたら生きる?

平日に家でゲーム三昧、好きなときに寝て起きて、
退屈しのぎに田舎の静かな温泉へ。
会社に雇われることなく、自由気ままな毎日を堪能する。

お金や時間、場所にも束縛されず、
就職とは無縁でストレスフリーな20代たちの新しい生き方とは…

「ぐぅまにゅある」ではネットで自由自在にお金を増やしながら、
会社に雇われずに生きていく方法を解説しています。
社畜の将来に恐れているなら、突破口を開いてみませんか?
無料なので、よければ受け取ってみてください。

メールアドレス

※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。
※ご登録いただいたメールアドレスには作者のメールマガジンが届きます。役立つ情報や追加プレゼントを配布する予定なので、主にお使いのメールアドレスをご入力ください。不要の場合、配信解除はいつでも可能です。

2016-09-07 | Posted in 実体験からの学びComments Closed 

関連記事

フェイスブックから当ブログの更新情報をいち早くお届けします。
定期購読される場合は「いいね!」をお願いします