YOSX9805_TP_V

button_002



みんな耐えててもあなたは耐えなくていい

先日、スマートニュースを読んでいたら、
たまたま下記の記事を見つけました。

「東京で働く不安」を答えたら、面接担当者が激昂!
「みんな耐えている。社会に出る者として甘えてる!」
https://news.careerconnection.jp/?p=25588


記事の内容を要約すると、
女性が東京の企業へ面接に行った際に
これから不安なことを聞かれて、
「東京の人の多さにストレスを溜め込みそう」
という返答をしました。


それに対して面接官は…

「満員電車のストレスはみんなが耐えている」
「仕事をすれば、人混みよりも苦痛なことがたくさんある」
「その中で勤務地を気にするのは自己中心的で、
社会に出るものとして甘えている」
「そんなに都会が嫌なら、(田舎で)農業でもやればいい」

などと徹底的に反発してきたのだとか。



ナニイッテンダコイツ…

ただの面接官にこんなこと言われたら嫌だなー。

そもそも社会人が述べる
「みんな耐えてるんだから、あなたも耐えなさい」
みたいな論拠にも僕は疑問が浮かびます。

たとえ一人が耐え続けたところで誰も得したりしませんからね。

仕事に耐えたら生活が豊かになるのでしょうか?
勤務地への不安を我慢したら幸せになれるのでしょうか?


もちろん頑張っている人の後に続いて成長するのはいいことです。

先駆者から学んでいけば、
目標や夢を叶えられる可能性が跳ね上がりますから。


しかし今回のケースのように、
みんなが不幸だからってあなたも不幸になる必要はありませんよ。
そんなもん成長ではなく、ただの同情です。
むしろみんな耐え忍んで不幸な思いをしているのなら、
あなただけでも同じ轍を踏まないように注意しなければなりません。

まあ、みんな耐えているとか言ってたら、
キリがありませんからね。


まず日本人よりも不幸に耐えている人はたくさんいます。

飢餓や病気に苦しんで亡くなっている子供もいます。

みんな耐えているんだからなんて言うのなら、
そんな苦しんでいる人達のために美味しいものも我慢して、
娯楽や趣味にお金を使うことをやめて、
最低限の生活資金以外は全額募金するぐらいやって欲しいもんです。

綺麗事を言うのは勝手ですが、
それを他人にとやかく言えるほど体現できていない人が大半ですよ。



打たれ強い人ばかりではありません。
むしろ人間なんですから、
精神的に耐えられないこともたくさんあるでしょう。

出勤時間に耐えて、
勤務地を選べないことにも耐えて、
給料の低さにも耐えて、
将来や老後の不安にも耐えて、
それで幸せになれるのなら大したもんです。

僕ならゾッとして逃げ回ります。


他人のことなんて気にせず、
みんな自由に考えて生きていけばいいのです。

満員電車が嫌ならそれに遭遇しない生活を目指しましょう。
上司に怒られるのが嫌なら、
そんなものとは無縁の仕事を探しましょう。

将来が経済的に不安だと言うのなら、
自分で自由に好きなだけお金を増やせる能力を身につけましょう。

みんなと同じく前へならえしていても、
待っているのはみんなと同じような
仕事に疲れて愚痴を吐きながら白髪になっていく結末だけでしょう。
それがあなたにとっての幸せであるならいいですが、
僕はそんな激務で人生送っていたら死んでも死に切れません。


もちろん一時的な収入のために仕事に耐えるならまだわかります。
しかしみんな耐えているからって、
一生それに従う根拠にはなりませんからね。

「社会人が甘えるな」と言われるかもしれませんが、
まあ別に反発する必要もないでしょう。

社会人は社会人でも人間ですし、
楽したいのは当然です。
甘えられる自由な人生が欲しいならそのための力も身につけましょう。

今はインターネットが発達してきて、
個人が使える手段も豊富になってきています。


まあ、みんな耐えているのかもしれませんが、
わざわざそんなもんに付き合ってやることもないので、
あなたはあなたの望む人生を追いかけるべきですね。



PS.

最近大阪に行く用事があったのですが、
僕の住んでいる京都と比べたら日差しが強くて溶けそうになりました……
やっぱり僕には涼しげで静かな環境の方が性に合っています。

記念にライオン撮ってきました。
心なしか熱くて干からびているようにも見えます。

20160708

将来就職せずに、ぐうたら生きる?

平日に家でゲーム三昧、好きなときに寝て起きて、
退屈しのぎに田舎の静かな温泉へ。
会社に雇われることなく、自由気ままな毎日を堪能する。

お金や時間、場所にも束縛されず、
就職とは無縁でストレスフリーな20代たちの新しい生き方とは…

「ぐぅまにゅある」ではネットで自由自在にお金を増やしながら、
会社に雇われずに生きていく方法を解説しています。
社畜の将来に恐れているなら、突破口を開いてみませんか?
無料なので、よければ受け取ってみてください。

メールアドレス

※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。
※ご登録いただいたメールアドレスには作者のメールマガジンが届きます。役立つ情報や追加プレゼントを配布する予定なので、主にお使いのメールアドレスをご入力ください。不要の場合、配信解除はいつでも可能です。

2016-07-08 | Posted in 実体験からの学びComments Closed 

関連記事

フェイスブックから当ブログの更新情報をいち早くお届けします。
定期購読される場合は「いいね!」をお願いします