ブログアフィリエイトの稼ぎ方

ブログアフィリエイトで稼ぐには2つの条件をクリアする必要があります。

まず1つ目は役立つ記事で見込み客を集めること。
多くの人が勘違いしてしまっているのですが、
ズブの素人が書いたような誰の役にも立たない記事をいくら書いたところで、
読者が集まってくることはありません。



一番やってはいけないのはただの日記ブログですね。

芸能人の日常ならともかく、
僕たち一般人がブログで日々の出来事を綴ったところで、
誰一人として耳を傾けてくれません。
日本に住んでいる人は毎日忙しい時間を過ごしています。
そんな記事を読んでいるほど暇ではありません。


ブログで商品を買ってくれそうな見込み客を集めようと思うなら、
きちんとお客の役に立つ情報を発信する必要があります。
読者に価値を与えようともせずにお金を頂こうなんて乞食の態度です。

ここで「役に立つ記事なんて書くのは難しいんじゃないのか?」
という疑問が浮かんでくるかもしれません。

たしかに、いきなり役に立つ情報を記事にしろと言われたところで、
どんなことを書けばいいのかさっぱりわからないと思います。
あなたがブログの初心者であれば、なおさら答えは出てこないでしょう。
小説家のような綺麗な文章が必要かもしれない、
ブログを書くなんて生まれてから一度もやったことがない、
そもそも役立つ情報なんてもっていない、
いろんな不安や矛盾点が生まれてくると思います。

けど、安心して下さい。

実はアフィリエイトで稼ぐためのブログ記事って
そんなに難しいものではありません。

例えば引越しを控えた人がとある家具を欲しがっていたとしましょうか。
その人は家具をなるべく安く手に入れたいと考えています。
しかし、そのためには実店舗で買った方がいいのか、
楽天やAmazonなどのネットショップを利用したほうがいいのか、
またネットショップの中でもどんなところを使えばいいのか、
通常なら混乱して迷ってしまう場面ですよね。

そこで、あなたが事前に安く販売しているお店を調べておいてあげて、
「現在は楽天で家具が安く販売されていますよ」
というような情報をブログで発信してあげれば、
その人にとって非常に役立つ記事になると思いませんか?

このようにお客が安く販売しているお店を探す手間がなくなる記事を書いてあげれば、、
あなたはきっちりと情報で価値を与えられていることになります。

このような簡単なものでもいいので、
お客が価値を感じる情報を発信してあげれば自然とあなたのブログに見込み客は集まります。
逆にどれだけ詳細で丁寧な文章を書けたとしても、
そこに誰も価値を感じなければ見込み客は当然やってきません。

役立つ記事が書けるようになる、
まずはコレが稼ぐための第一歩だと覚えておきましょう。



そして2つ目が販売サイトに誘導するということです。

どれだけ役立つ記事が書けたとしても、
結局あなたのアフィリエイトリンクを経由してくれなければ、
あなたの銀行口座にお金は舞い込んできません。

売り込み臭い文章だったり、胡散臭いことを書いてしまえば、
記事を読みに来てくれた人達はたちまちブログから離脱してしまいます。

報酬を上げることに躍起になってしまうと、
どうしても周りのことが見えなくなり商品を売り込んでしまいます。
しかし冷静になって考えてみると、
あなたがお客の立場だったら鼻息荒くして押し売りされた商品なんて、
即決で買いたいとは思わないはずですよね。

逆にその場から離れたくてたまらない気持ちになるでしょう。

販売サイトへの誘導が下手くそな人はお客の気持ちを考えずに、
ただ自分の収益のためだけに動いている場合が多いです。
これは僕もアフィリエイト初心者の頃に陥ってしまった罠でした。

しかしそこは心を鬼にして、
あくまで読者の気持ちを再優先しなけばいけません。
読者の気持ちを何も考えていないと、
誰一人として販売サイトへ誘導することができません。

誘導は恋愛で言うと「告白」のようなものですね。
好きな人へ告白する時、
あなたは成功のため必死に相手への言葉を選ぶと思います。
告白の時の言葉が乱暴だったり、
しつこく相手に迫ってばかりいたら、
愛想をつかされますからね。

そのときの心境と同じで販売サイトへの誘導は難しいヤマ場となります。
ブログアフィリエイトで稼ぐには絶対に超えないければいけません。
役立つ記事を書くことと平行して、
上手く誘導する方法を学んでいくようにしましょう。


読者を集める役立つ記事。
販売サイトへの誘導。
この2つの条件を満たすためにどうすればいいのでしょうか?

それらの詳しいノウハウはこのブログでも公開していくので、
これからもぜひ楽しみにしていて下さい。

2015-02-26 | Posted in ブログ収益戦略Comments Closed 

関連記事